いやだ、日焼け止め忘れちゃった…かわりにつかえるアイテムいろいろ

お出かけしてから「いやだ、今日こんなにひざしが強いなんて」という経験は、男性でも女性でも、また季節を問わずに多いモノです。
夏などの見た目にもあつく、照りつけるような日差しではない、春や秋のぽつっとあいた1日。また冬のめづらしい快晴の日など、数時間外を歩き回ったり遊んでいるうちに「こんなに肌が赤くなるなんて」と急に薬局に駆け込む人も。
でも季節以外にはなかなか品ぞろえが充実していないんですよね・・・
そこで今回は、日焼け止めがわりにつかえるアイテムをご紹介します。

【女性だったら誰でも持ってるファンデーション】
大概の女性のバッグにかならず1つは入っているのがファンデーション。
UVカットやSPF値の表示のある物も多いのですが、それ以外でもミネラル分の多い製品などには日焼け止め効果の高いモノも沢山あります。
自分の肌や首筋以外、お子さんにつける時は、すこし薄塗にして、頻繁なレタッチを心がけましょう。

【粘土!?】
粘土と言ってもいろいろあります。
よく化粧品、とくにおしろいなどのコンパクトの裏側に書かれている、カオリンなど。
もちろん普通の文具の粘土も、肌につけてしばらくたってもなかなか日焼けしません。
後者は普段持ち歩くことが難しいと思いますが、コンパクトなどは意外と使えます。

【絵具】
絵具のうち不透明白色などは、とくに日光を遮る効果が高いと言われています。
実際にインターネット上には多数こうした「都市伝説!」といわれるネタの実験結果が写真付きで掲載されています。
成分的には先ほどのような粘土や鉱物を使った物も多く、よく紫外線を防いでくれます。
ただし、色によっては肌につけることが適当でないものも多くあります。どうしても緊急に代用品が必要なら、お子様用などで口に入れても安全とうたわれているものから使用しましょう。

【燃えカス系はNG】
古代から使われている日焼け止めの中に、草や木を燃やした灰を使っているところがあります。
使い方によっては効果が高いのですが、一般的にはタールなどを多く含み、こと現代人の肌にはお勧めできません。

この他にも、くだいた貝殻や卵の殻、干したハーブや米穀類などの粉、海藻のペースト、脂と混ぜた砂をまぶすといった方法などがあります。
アレルギーで市販品が使えない方では、肌に優しいオリジナル日焼け止めを造る際にも、こうしたアイテムから選ばれることが多い様です。

いやだ、日焼け止め忘れちゃった…かわりにつかえるアイテムいろいろ

ムダ毛処理の色々な方法とメリット・デメリット

幼少のころよりムダ毛が多く、思春期以降は色々な方法で処理してきました。
そこで体験したムダ毛処理のメリット・デメリットを紹介していきます。
まず定番のカミソリ処理の場合。
メリットは、カミソリさえあれば広範囲をいつでも手軽に処理できます。
デメリットは、肌が弱い人は高確率で肌荒れを起こします。
私は処理直後に、真っ赤な水ぶくれみたいなものが出来ました。
しかもすぐ生えてきて、肌触りがチクチクしました。
次に、脱毛クリームです。
こちらはクリームを脱毛したい所に塗り、しばらくおいてティッシュなどで拭き取る方法です。
メリットは、肌にあまり負担をかけず広範囲を脱毛することが出来てとても便利です。
デメリットは、クリームが少々高額で人によってはかぶれます。
それから正しい使い方をしないと、爪を傷めてしまいます。
私がそうでした。
10年くらい前まで定番だったのが、電動シェイバーで毛を抜くタイプの脱毛です。
メリットは、毛根から直接毛を抜くのでしばらく生えてきません。
デメリットは、抜くときに人によって痛みが強いことと、埋没毛になってしまうことです。
私自身がそうなりまして、結局は付属のシェイバーしか使いませんでした。
そして、最近の主流は家庭用光脱毛器のようです。
カミソリやシェイバーであらかじめ毛を剃っておいて、そこに光を当てて毛根にダメージを与えて生えにくくする仕組みのようです。
メリットは、痛みをほぼ感じないことと、毛を剃る手間がかかりますが何度も使うとそのうち目立たなくなり、次第に生えてくるサイクルが長くなり毛の処理をする頻度が減っていきます。
デメリットは、器械本体が高額であることと物によってはカートリッジを頻繁に交換しないといけないので別途維持費がかかります。
現在、光脱毛器を使っていますが不便は感じていません。
しかし、永久に毛が生えてこなくなるわけではないので、永久脱毛しようか悩んでいます。
結果、脱毛サロンで脱毛する方が、経済的にもメリットがあるのではないかと考えてます。
やはり脱毛はプロの手に任せるのが一番だと思います。
信頼できる脱毛サロンを探して、しっかりとしたアドバイスをもとに、正しい脱毛を行うことが、長い目をみて、効率的と言えます。
もしも名古屋エリアで脱毛をしたいとお考えの方は、下記のサイトが大変役立ちますので参考にして見てください。
名古屋の脱毛サロンランキングサイトはこちら
ムダ毛処理の色々な方法とメリット・デメリット

柏の脱毛サロンへ!〜サロンご利用のメリット&デメリットは?〜

脱毛サロンご利用のメリット&デメリットは?

脱毛サロンの利用を考えるみなさまは利用前にメリットとデメリットを知っておきたいのではないですか?
そんなあなたへ脱毛サロンの代表的なメリット&デメリットをご紹介しましょう。それではメリットからご紹介しましょうか。柏脱毛をお考えなら以下の情報に加えてこちらのサイトも参考になると思います。

脱毛サロンのメリットは気持ちのいいサービスですね。脱毛サロンは複数の強豪サロンがありまして、「他のサロンよりも安いサービスを!」「他のサロンよりもいい美容ケアを!」など”サービス”にこだわっているのです。
そのため様々なサービスを楽しめて非常にラッキーという気持ちで脱毛ができます。お客さんの喜ぶサービスをたくさん考えてくれるのが脱毛サロンのメリットです。
嬉しいお得サービスが受けたいなら柏の脱毛サロンに行きましょう。
逆にデメリットはなんだと思いますか?脱毛サロンの強烈なデメリットはガッツリと威力がないので、通うのが大変な面です。

柏の脱毛サロンで利用していい脱毛機は決まっているのです。一定以上威力が強い医療用レーザー脱毛は使ったらいけないという決まりがあります。
そのせいで威力の弱い脱毛機を何度も利用しないと脱毛ができずに長い期間通う必要があります。
つまり脱毛が終了するまでに思わぬ時間がかかるということです。このようなデメリットがあるので、短い期間でギュッと濃縮した脱毛を受けられないのは脱毛サロンの痛いデメリットですね。
説明したように柏の脱毛サロンには良い面も悪い面もあります。二つを見比べて脱毛サロンに行くかやめるかをお考えくださいね。

肌の黒ずみができたら

女性を憂鬱にさせてしまう脇やデリケートゾーンの黒ずみですが、何とかしたいと思ってるうちパートナーにしてきされてショックをうけたりします。
こうした時余計肌が黒ずんでみててムダ毛処理はしっかりしたいと思って自己胥吏をしてしまうのはだめです。
肌の黒ずみはダメージを受けた御T加太が作るメラニンにより起きて、女性なら脱毛法が黒ずみの原因となることが多いです。
ですが、脱毛と言っても実際自己処理をしてる方が多いですから、黒ずみを防ぐ方法とはないでしょうか。
かみそりなどを使う方法は効果が持続期間が短く、こうした法穂は色素沈着の元になるメラニンが増えて、肌のバリア機能が低くなります。
かみそり、除毛クリームの処理は、次の日ムダ毛が伸びてきますが、これはムダ毛が同じ毛周期で成長と発毛を繰り返すからです。
脱毛サロンで使われている脱毛器具はクリニックで使っているフォトフェイシャルと同じような効果を期待できて、フォトフェイシャルの光は肌の張りをつくるコラーゲン生成を含むターンオーバーを促進してくれる効果があり、施術を繰り返すうち黒ずみ改善され、肌にはりが戻ってきたなどの声を聞かれます。
ですが、光脱毛の光はムダ毛の黒のメラニンいアプローチしますから、施術そのものを受けられないことがあります。
その場合自己処理を控えて、黒ずみをケアする美白クリームでしばらくケアしてから脱毛を始めなければならないことがありますから、まずカウンセリングを受けてみてください。

肌の黒ずみができたら